皮脂のコントロールはシャンプーにまかせる

皮脂は取り過ぎないように注意すると簡単に言いましたが、そもそも
皮脂のコントロールなんて人間が考えてできるものではありません。

それはシャンプーにまかせましょう。

皮脂のコントロールができるシャンプーがあるんです。

皮脂を取ることは取るけれど、取り過ぎない。

だから、頭皮と髪の毛に潤いが残ります。

この状態が、頭皮の脂漏性皮膚炎の症状の進行を食い止めます。

皮脂が出過ぎていなければ、その原因であるマラセチア菌の活動も抑制できます。

この状態をキープし、そこに薬を塗ります。


皮脂を取り過ぎないシャンプーで髪を洗う

頭皮にうるおいが保たれ、皮脂も出過ぎないので、かゆみが収まる

頭皮に薬を塗るので、炎症が治まっていく


こうやって、だんだんと脂漏性皮膚炎の完治に近づいていきます。

脂漏性皮膚炎はなかなか治りづらい皮膚炎なので、急に症状が悪化することも
ありますが、焦ってはいけません。

よくなったり、悪くなったりを繰り返しながら、全体としては改善に向かいます。

いかがです?完治へのイメージはできましたか?

ですから、頭の脂漏性皮膚炎には皮脂のコントロールができるシャンプー
必要不可欠です。


もしこの記事が参考になったと思ったら「いいね!」お願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ